働き口・今昔違い話

girl dressed in white

日本の歴史に風俗が登場したのは江戸時代頃からだとされています。当時の日本の中心的な都市である江戸に、吉原遊郭が誕生したからです。遊郭には、たくさんの遊女が住み込みで働いていました。当時の求人募集のスタイルは、女の子やその家族が遊郭に頼み込んで働くという形式が一般的だったようです。 女の子やその家族が頼み、遊郭で働く時代から約400年が経ちました。現在の風俗求人募集の方式として、フリーペーパーやインターネットが一般的になりました。とくに、インターネットを使えば、全国どこでも働きたい職場を見つけることができます。江戸時代の状況から考えると、現代の風俗求人募集事情は大きく様変わりしていると考えてよいでしょう。

2016年、今はスマートフォンで風俗店の求人が簡単に見つけられる時代です。この10年の間、風俗求人のモデルは紙からインターネットへ移行しました。インターネットで求人募集をしたときに、どれくらいの反応があるか分からないと思っていた風俗店もあると思います。 しかし、今は求人サイトやページのPV数をもとに判断し、求人広告の効果測定ができる時代です。紙よりもマーケティングがしやすく、効果を実感しているという風俗店もあるかもしれません。今後、風俗店の求人募集はインターネットを軸に、さらに多様化、細分化すると考えられています。広告業界の動きを考えると、もっと多くの風俗求人サイトが増えるのではないかと考えられます。